イヤイヤ期にとことん向き合う

いつまで続くのイヤイヤ期

*

自己紹介【2015/9/14更新】

2015.9.14 Spotlightのリンク追加
2015.7.29 オススメの本を更新
2015.7.20 Twitter、noteのリンクを追加

【管理者】味井戸(みいと)バラ
30代半ばのワーキングマザー(現在は育休中)
数々の育児書を手に、周りに頼りまくりながら、長女モモのイヤイヤ期と向き合う日々
心の師は佐々木正美先生、大日向雅美先生
愛読書は「子どもへのまなざし」「『育てにくい子』と感じた時に読む本」(佐々木正美先生著)
「母性愛神話の罠」(大日向雅美先生著)、「PHPのびのび子育て」
趣味はIngressとキャンディークラッシュソーダ

【家族紹介】
夫 味井戸カタ
30代半ば
家事育児もこなす優しきイクメンだが、食べ物を粗末にした時は鬼と化す
数々の天然伝説を持つ、味井戸家の中和剤
趣味は野球観戦

長女 味井戸モモ
3歳、年少
ジバニャンとママとせんべいをこよなく愛する少女
数々のイヤイヤ期伝説をもつ、味井戸家の起爆剤
趣味は赤ちゃんごっこ

次女 味井戸ささみ
0歳
どんなに嫌がられても果敢におもちゃを奪いにいく姿から相当強くなりそうだ・・・と親を少し不安にさせる赤子
味井戸家のパルプンテ的存在
趣味はバッグの中から財布を取り出し、中身をぶちまけること

 

【ブログを始めたきっかけ】
戒めと、覚え書きと、お返し
まずは戒め。
いつも子供たちのことをちゃんと受け止められるように。

そして覚え書き。
育児は日々成長する子供にどんどんと上書きされ、昔のことをなかなか覚えていられないものです。

お返し。
私がイヤイヤ期に悩んでいたとき、毎日のようにイヤイヤ期や赤ちゃん返りを扱ったブログを訪れては
イヤイヤ期で悩んでいるのは自分だけじゃないと勇気をもらっていました。
なので私のこの経験も誰かの勇気になれば。

虐待などの数々の悲しい事件を見ていて思う。
子供の心がどのように成長していくかを知らないから、起きている悲劇もあるんじゃないかと。
子育ては密室だったりするから、そこからどんどん変な方向へと転がってしまうこともあるんじゃないかと。
というか実際私にそういう思いがあった時期があって。
誰かと思いを共有することで、根底にあるお子さんへの愛に気付くきっかけになったら・・・とかおこがましいですね。
でもそれが最終目的です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

※「イヤイヤ期にとことん向き合う」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です

 

 

スポンサーリンク

公開日:
最終更新日:2015/09/14