イヤイヤ期にとことん向き合う

いつまで続くのイヤイヤ期

*

姉妹ゲンカを止めたければ姉をかわいがろうーかわいがり子育てモモ側まとめー

   

突然ですが、今次女ささみの顔が大変なことになっています。とびひにかかってます。とびってます。もともとは長女モモがとびって、それがささみにとびり顔に一か所だけあったのですが、授乳中に私のおっぱいまわりがとびって拡大し、最大勢力となってささみの口周りに広がるという恐ろしい展開に…
ちょっと怖いことになってます。道行く人が目をそらします。

そして更にささみの歯の上下2本が生えそろったことで、授乳中にかまれる問題が勃発し、真剣に断乳を考えるようになりました。ささみは授乳させようとひっくり返すと、きゃっきゃ笑ってくれてほんとにかわいいんだけど、傷ができて激痛なんですわ…というわけで10月中旬の断乳を目指し、調整をはじめました。

もう子どもを作る気はないので、最後だと思うとさみしいけどねー。ふう…

話がそれましたが、今日はかわいがり子育てのモモ側のまとめです。

—————————————————————————————————–
長女モモにかわいがり子育てを実践しています。
かわいがり子育てをすることになった経緯などはこちらのカテゴリ一覧からご覧ください

私が参考にしている本はこちら

——————————————————————————————————

スポンサーリンク

登園渋りは解消へ

●担任の先生が戻ったことが原因か…?

9月に入ってから笑顔で登園するようになりました。でもこれ多分、通常保育に戻って担任の先生が毎日いるからだと思う。教室に入っていく時の表情が全然違うんですよね…

モモの担任の先生の子どもたちに対する姿勢はほんとにすごくて、私は日々勉強させてもらってます。どこがすごいかっていうと、決めるところをびしっと決めるところ。受け入れの時、どんなにいそがしくてもモモだけを見て、ヘアゴムとか持っているティッシュをほめてくれます。他の子どもたちがどんなにワラワラしていても、「ながら」って感じが一切ない。

10秒でもいいから子どもに集中するって大事だなあと思います。私も実践してみよう。

●意識的に声かけをやめて待つ

行きたくないって言った時に、多くを語るのをやめました。「そっか」と返すくらい。もともとそんなに多くは語ってなかったのですが、意識して何も言わないようにしたのです。で、出かけるまでの時間思いっきりかわいがる。そして本当に出かける時間よりかなり早めに「そろそろ行く時間だからね」と声をかけて待つ。そうすると自分から行くと言います。信じて待つ。でも時間がないときはかついで行きますけどね…

そして8月中は保育園に着くと泣いてたけどね…まあでも自発的になるのは大切だと思いました。

寝るのおそいよ問題は相変わらず

相変わらずおそいですねー…22:00~22:30くらい。
ちょっとこれについて別の方面からアプローチしてみたいと思います。思考が現実化するなら「モモは寝るのが早いね」って言ってたらきっと早く寝るんじゃないかと。結果はまたご報告します。ちなみに今「モモ寝るの早いよね」というと「早くない!」とキレてます(;^_^A

姉妹ゲンカからモモの心が育つ…か?

ささみがつかまり立ちをするようになり、おもちゃの取り合いは激化しています。でもピンチはチャンスで、けんかはモモのお姉ちゃん心を育てられるきっかけになるなと思いました。

ささみがまだちゃんと立てないので、モモにおされるとすぐ転がっちゃうんですけど、ケンカそのものについては極力何もいわないようにしています。たまに「貸してあげなよ」という心の声がでちゃうんだけどね。でもやっぱりモモの場合このやり方は逆効果で、無意味なんだと気付きました。

もめた時はまずモモのケアから。「おもちゃ取られて嫌だったんだね」と言うくらい。そうするとしばらく経ってから、ささみにおもちゃを差し出します。ささみを擁護すればするほど、けんかは激しくなります。

ここ数日でささみが指差しできるようになり、モモがささみにアンパンマンのキャラクター一覧を見せて、「アンパンマンどーれだ」と問題を出すのが流行ってます。そうするとささみはメロンパンナちゃんとか適当なものを指差します。で、モモが「メロンパンナー!」と笑い転げる。ささみもよくわかってないけど笑う。そこで私が「モモはわかる?」って聞くと当然わかるわけですが、そこですかさずほめる。ほめまくる。「モモはわかってるね、すごいね」と。そうするとモモが別の時「さーちゃん、すごいじゃん」と言うようになる。こうやって連鎖していくんだなあって。下の子が自分をおびやかす存在じゃないとわかれば二人の間にも信頼関係ができるかもしれない。

 

上の子が下の子に優しくできないなんてよくあることです。嘆くことじゃない。

まず上の子を大事にしましょう。すると上の子は、下の子をかわいがります。

「育てにくい子」と感じたときに読む本 佐々木正美著

 

「劇的に精神が安定した」とは言い切れないのですが、かなり安定してきたのは間違いないと思います。まあ4歳も近づいてきて年齢的なものもあるのかもしれないけど。これから成長していってモモが不安定になったときにも、家族がいるから大丈夫と思えるような基盤を作っていけたらいいなー。

というわけでかわいがり子育てのレポートはおしまい!

応援のクリックをお願いします!↓

にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村


育児ストレス・不安 ブログランキングへ

ワーキングマザー ブログランキングへ

スポンサーリンク


 - 姉妹ゲンカ, 実践!かわいがり子育て, 寝るの遅いよ問題