イヤイヤ期にとことん向き合う

いつまで続くのイヤイヤ期

*

母親達の代弁者、大日向雅美先生というお方

      2015/08/07

最近、こちらのブログに来て下さる方の中に
「大日向雅美」というキーワード検索で来て下さる方が多いのですが
大日向雅美先生のことについてまだ詳しく書いていなかったので、今日は書いてみたいと思います。

ほんとにねー、このブログに書きたいことはいっぱいあるんですよ。
私が神とあがめる子育て雑誌「PHPのびのび子育て」のこと、
モモの登園渋り(今週また激化しています)のこと、
かわいがり子育てのこと。
でも時間がなくてなかなか書けません。
幸せなことですよ。

私と大日向雅美先生の出会いはNHKの「すくすく子育て」という番組です。

スポンサーリンク

大日向雅美先生とは

母親の育児ストレスや育児不安について40年近く研究をされているほか
子育て広場の運営や地域の子育て・家庭支援者の要請にも尽力されているそうです。
大日向先生の魅力といえば、その穏やかでおしとやかな語り口調とは裏腹に
強い言葉で母親達の気持ちを代弁し、擁護してくれる姿です。
育児に悩む母親達が大日向先生の話を聞いたら、自然と涙が流れると思う、ほんとに。

佐々木正美先生は子供にフォーカスした研究をされていて
大日向雅美先生は母親にフォーカスしている感じですね。
(このブログ始めてから気付いたのですが二人とも「まさみ」さんなんですよね。奇遇だわ)

私は30年来、子育てに悩み、苦しむお母さんたちの声を聞き続けてきました。子育ては大きな喜びがあります。 でも、つらいこともいっぱいありますね。 母親がひとりで抱え込むには、子育ては荷が重過ぎます。また、子どもと共にいる時間の喜び、楽しさを母親だけが独占してしまうのも、もったいないですね。

NPO法人あい・ぽーとステーションのホームページより

一環して、母親達を重圧から解放させてくれます。
子育ては母親一人の仕事ではない、みんなで子育てをする、子育て支援を使うべきと説いてくれます。
著書も素晴らしいのですが、今回は大日向先生の真骨頂である代弁者としての名場面を紹介したいと思います。

「すくすく子育て」における大日向雅美先生名場面

※名場面の選び方の基準が…なんか私の性格の悪さがにじんでる気がするんだけど…ご容赦ください。
あと残念ながら動画が残っていなくて記憶が曖昧なところがありますので、そちらもご容赦ください。

 

 

その1 パパのホンネ!全部聞きます [放送日] 2013年11月2日

すくすく子育てQ&A「パパのホンネ」

記憶が曖昧なのですが確か冒頭のところで
「子育ては夫婦で取り組む仕事です。やるのは当たり前なんです」というようなことを非常にやわらかい口調でおっしゃられていて
これ先に言われたらホンネ全部言えないだろうなあ…みたいなところから始まります。(;^_^A

リンク先のQ&Aにもありますが、
「自分は仕事をしつつ、家事も手伝っているのになぜ怒るの?」という質問に対しては
「家事も育児もやっていない男性がまだまだ多いなか、自分の家事や育児が奥さんに評価されないと悩んでいること自体、世の中の大多数のパパに比べて本当によくやっていると思います。評価としては80点! 」
と質問者さんを持ち上げた上で
「あとの20点がかなり重要でママの許しがたいところ」とし
「家事も仕事のように、真剣に改善するように」と諭します。
と、そこでスタジオに、あーあ、また言われちゃったてへへみたいな空気が流れます。
するとたたみかけるかのように「そういった笑いごとにするような態度がママ達をイラつかせるんだと思います。真剣に取り組みましょう。」というようなことをおっしゃり、
スタジオにいたパパ達を凍りつかせておりました。

その2 祖父母の孫育てのギモン [放送日] 2014年8月16日

すくすく子育てQ&A「祖父母の孫育てのギモン」

このテーマで大日向先生が出てきたってことは、ぶちかましてくれるんじゃないかと期待していたママさん達も多いはず。(え?私だけ?)

この番組に出演希望している時点で、きっとものすごく前に出てくるおじいちゃんおばあちゃんが出演するんだろうなって予想はしていたんだけど
まあほんとにすごい方々が出演されていました。(批判じゃないですよ、ほんとにね)

孫のために知育玩具をそろえたり、楽器やゴルフなどに触れさせています。
勉強や音楽や色々なことができるようになってほしい。

とか

嫁の子育てが不安だ。

とか

もうほんとにすごいわけですよ。前に出てくる感じがね。
いや確かに不安なんだと思う。それは本音なんだと思う。
でもさあ…って思って見ていると

大日向先生は容赦なく「主役は親子です。脇役として見守ってください」とおっしゃいます。
文字にするとすごい言葉なんだけど、語り口がマイルドだからいいんだよねえ。

これ見て「よっ!!日本一!!」って思ったママさん達は多いはず。
実母との関係ならまだしも、嫁姑ともなるとね…色々とね…

言いたい事もいえないこんな世の中で、いつまでも母親達の味方でいてくれる姿勢はほんとにありがたいです。
すくすく子育てにはよく出演されているので
気になる方はぜひご覧くださいね!

※うちの場合は育児にしろ家事にしろ、私より夫カタくんの方ががんばってやってくれているし
おばあちゃん達も私のやり方を尊重してくれているので
このチョイスに他意はありません。・・・ありませんって。何よ、その目!

応援のクリックをお願いします!↓

にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村


育児ストレス・不安 ブログランキングへ

ワーキングマザー ブログランキングへ

スポンサーリンク


 - 大日向雅美先生