イヤイヤ期にとことん向き合う

いつまで続くのイヤイヤ期

*

暴れん坊こそ甘やかそう ーかわいがり子育て実践2日目~4日目ー

   

私、相談系のサイトってすきなんですよね。教えてgooとかYahoo知恵袋とか発言小町とかね。
そういうところで私がついつい目がいってしまうのが
「暴れん坊の子どもがいます」っていう相談。
特に注目するのが外でそういうお子さんが暴れてしまい、周りにいた人に怒られたり冷たい目で見られたりしたことを書く人。
そうすると回答に「だめなことをだめだときちんと言わないからですよ。」って言う回答がついて

私はだめなことはだめだと言ってます。それでも聞かないんです。もって産まれた性格があるので、おとなしい子どもをお持ちのお母さんには気持ちが絶対にわからないと思います。」

これすごくよく見る。っていうか私にそういう思いがあるかつい目がいっちゃうんだね。
かわいがり子育ての本を読んでいてわかった。
その子が言う事をきかないのは、お母さんに「この子はだめだ」って思いがあるからだと。

さあもう決まり。もしそういうお母さんがこれを読んでいたら、私と一緒にかわいがり子育てをやってみよう。
我が家も正念場です。乗り越えることができるでしょうか。

かわいがり子育て2日目から4日目のレポです。
—————————————————————————————————–
長女モモに「かわいがり子育て」を実践しています。
かわいがり子育てをすることになった経緯などはこちらのカテゴリ一覧からご覧ください

私が参考にしている本はこちら↓

——————————————————————————————————
スポンサーリンク

7月28日(火)「かわいがり子育て」実践2日目

・起床 6:00
・昼寝 30m
・就寝 21:40
・登園渋り ★★★☆☆
・荒れた回数 2

週初めの登園だったため、出かける準備が完了しても
「パン食べるー」とか「あれ持っていきたい」とかなんとか言ってなかなか家を出ないモモ。

保育園に着くといつもの駐車スペースがあいてなくてやむなく縦列スペースへ。
縦列スペースに停めるとモモには運転席側から降りてもらわないといけないのですが
「こっちから降りる!!」と助手席側から降りたいと主張。
「でも、こっちからしか降りられないの」と説得するも降りず(--)
いつもなら強行で降ろしてしまうところだし、私がキレるポイントなのですが(というか半分キレていたんだけど)
「わかったよ。そっちから降りたいんだね」と言って他の駐車スペースが空くまで待機。
この時私は、自分に優しいママを憑依させ演じた。演じ切ったよ…
結果、そこまで崩れることなく登園。

荒れたのは帰宅後の2回。
先生からも「今日は30分しか昼寝してなくて眠いかもしれないです」と言われたんだけどその通りで
ちょっとしたことでイライラしているし
否定的な言葉しか返ってこない。
でもここで受け入れないといけないのね、と思い、「そっかそっか」と支離滅裂な要求もすべて受け入れました。喜んでね。
結果、私は怒らなくても少し経って「ごめんなさい」と謝ってくれました。(もしかして目がめちゃくちゃ怒っていたのかな)
ただ、夫カタくんに対してすごく暴れているのを見たときに、「これは…」と思いました。
自分に理不尽なことされてもなんとかやり過ごせるけど人にやっているのは見逃せない。
でもまあそこはカタくんの判断にまかせることにしました。家族だしね。

7月29日(水)「かわいがり子育て」実践3日目

・起床 7:30
・昼寝 1h
・就寝 22:30
・登園渋り ★★★★☆
・荒れた回数 0

この日は保育園につくと、なかなか車から降りず「お腹いたい」という。
気が済むまで保育園のトイレに座らせ、なんとか気持ちをもちなおしたのですがやっぱりだめ。
保育園は今夏休み体制になっていて、その日の担当がころころ変わるのですが
この日は朝の受け入れの先生が担任の先生ではなかったので、教室に入れなくなりました。
泣いているところを先生に抱っこされ教室に入っていきました。

でも帰ってきてからは特に荒れることもなく。
昨日たくさん寝たのもよかったかな。

7月30日(木)「かわいがり子育て」実践4日目

・起床 7:00
・昼寝 1h
・就寝 22:00
・登園渋り ★☆☆☆☆
・荒れた回数 2
この日は私がティッシュを入れるのを忘れてしまい、怒っていたのですが、謝ったらなんとか許してくれ落ち着きました。
さらに受け入れが大好きな担任の先生だったので笑顔で登園していきました。

帰宅後は2日目と同じような感じで、お疲れで荒れた様子。
次女ささみがつかまり立ちを始めて、ことごとくモモの使っているおもちゃを奪いに行くのにも
ストレスがたまったんだと思う。
ささみを押して倒してしまった時にささみが泣いたのですが、それがきっかけで大爆発。

そしたらちょうどカタくんがちょうど帰ってきて、あーよかったこれで私も穏やかに接することができるわ、さらに夕食の準備もできるわって思ったら(ちょうど夕食準備中でした)
おもちゃをぐちゃぐちゃとまき散らしたところで、まさかのカタくん激昂(; ゚ ロ゚)
怒らないゆうたやんかー!
物にあたっても、暴言をはいても、今はモモを受け入れよう戦友よ…

寝る前も歯磨きでかなり荒れて、カタくんに「おまえ」と言ってました。Σ(T□T)
「おまえって言うのはやめようね」とだけ言い就寝。

2日目~4日目まとめ 感情コントロールが苦手な子こそ、自己肯定感を育てるのが一番の課題

感情コントロールが苦手な子をもつ場合、えてして親はかかわり方を間違えてしまいやすいのです。ついつい他の子と同じようになってもらおうと、無理な力をかけてしまうんですね。(中略)そんなとき子どもは、泣いている自分、感情をおさえられない自分はダメな子なのだと、日々そのように感じているのですね。 ー「『育てにくい子』と感じたときに読む本」よりー

がんばるJ!

応援のクリックをお願いします!↓

にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村


育児ストレス・不安 ブログランキングへ

ワーキングマザー ブログランキングへ

スポンサーリンク

 - 佐々木正美先生, 実践!かわいがり子育て ,