イヤイヤ期にとことん向き合う

いつまで続くのイヤイヤ期

*

授乳すら許されなかったあの頃

      2015/07/24

※WordPress勉強中のため、落ち着くまでビジュアルがころころ変わる可能性あります。申し訳ありません。

 

長女モモのイヤイヤ遍歴を振り返ってみよう…

スポンサーリンク

育てやすかった乳児時代

2012年1月(0歳) モモ誕生

2013年4月(1歳3ヶ月)保育園入園

  同9月(1歳8ヶ月)一人歩行開始  おそっ

ざっくりですが。

モモはとにかく動きのない子で、慎重だったので、目が離せないということがなかった。

声が大きいのが悩みの種で、よくとんでもない音量で奇声をあげていたので外にでるのが怖かったな。

・・・かわいい悩みだよね。

 

イヤイヤが片鱗をのぞかせてきた2歳児時代

2014年1月(2歳) 妊娠発覚につき、断乳  おそっ

同5月(2歳4ヶ月)登園拒否激化。毎朝抱えながら保育園へ

   同8月(2歳7ヶ月)次女ささみ出産のため、保育園を休ませ里帰り

この頃のイヤイヤは、拒否して泣く、というのが黄金パターン。

登園、歯磨き、お風呂なんでもかんでも泣いていやがるので、力づくでやってた。

赤ちゃんの続きという感じのイヤイヤ期。

里帰りした後も私が管理入院したりということもあり、かなり不安定に。

寝ない、食べないなどがあり心配だった。

赤ちゃんが産まれることについてはわかっているのかいないのか謎だった。

そして赤ちゃん返りという名の伝説へ・・・

2014年9月(2歳8ヶ月)ささみ誕生

同10月(2歳9ヶ月)里帰り終了、自宅へ戻る

2015年1月(3歳)少しずつ落ち着いてきていたはず・・なのに最強のイヤイヤ期へ突入

ほんとね・・・そして伝説へ。ってやつね。

ささみをだっこできず、もちろん授乳もできず、ざぶとんに寝かせたささみにミルクをあげてました・・・私の膝にはモモ。

モモもつらそうだったし、私もどうしていいのかわからず二人で声をあげて鳴いたこともあったな。

とにかくいつも怒っていて、モモも辛いんだ、がまんしてるんだ、と思って最初は付き合うんだけど、モモ・ささみが二重奏でギャン泣き、お隣にも聞こえてるだろうなあ、とか思うと、だんだんイライラしてきてしまって私もどなっていることがよくあった。

 

次から、どんな風に対処してきたかを少しずつ書いていきたいと思います。

参加しています↓

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



 - 長女モモの壮絶なイヤイヤ期 ,